トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

男って、冷たいね 1

今日は不動産屋さんへ電話をしなければなりません。

とりあえず住む家を決めてから、夫には別居の話をしようと思っています。

 

私は、四日前に実家のある南の島から戻ったばかり。

そのひと月前に、父が倒れて、お盆があったので、

大学生の息子を連れて帰省していたのです。

 

父が倒れた時、たまたま私は実家におりました。

 

父は現在弟夫婦と一緒に暮らしていますが、

弟のお嫁さんが、娘の出産の手伝いのために、

家をしばらく留守にするというので、妹と交代で、

父の面倒をみることになっていたのです。

 

ところが、六月の末に、私が到着したその夜から、

なんと父が胸がつまると、苦しみはじめたのです。

 

私は慌てて、看護師をしている妹に電話をしました。

妹が言うには、「それは狭心症の発作だから、すぐに病院へ連れて行って!」

とのことで、私は、翌々日に病院へ連れていきました。

 

父は腎臓透析も週三日しているので心臓の血管が細くなり、

血管を広げるステントという器具を入れています。

 

しかし、その時、病院で検査をしてもらった時には異常がなく、

そのまま帰されたのですが、それからしばらくして、再び

夜中に何度も胸が苦しくなり、「こりゃ、いかん」と私は決断して、

救急外来で診てもらうことにしたのです。

 

入院してカテーテル検査をしてもらった結果、

以前、父の血管に入れたステント器具の手前の血管が細くなり、

そのせいで胸が苦しくなるのではないかと言われました。

 

そのステント治療を小さな島である私の実家の病院ではなく、

本土にある病院でしようと計画をしていた矢先に、

自宅で心筋梗塞の発作を起こしてしまったのです。

 

それから緊急でステント治療を行い、そのあと出血が止まらずに、

さらに肝臓のバルーン治療をしてもらったのでした。

 

ずっと、集中治療室にいた父は、一時は危篤状態に陥り、

担当のドクター自らが、東京にいる妹に電話をして、急遽

島へ来てもらう……などというハプニングがありながら、

父はなんとか生還したのでした。

 

父が大部屋へ戻ることになり、ちょうどその頃、

帰って来た弟のお嫁さんとバトンタッチをしてから、

私は関東へ戻ってきました。

 

生還したとは言え、まだまだ小康状態の父を残しておくことに、

後ろ髪を引かれながら……。

 

つづく