トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

男って、冷たいね 2

今朝、夫が仕事へ行くために、玄関から出ようとしていた。

私たちは、もう二か月近く、口を利いていない。

お互い顔も合わせない。

 

だから私は朝起きても、彼が仕事へ行くまで、二階の自分の部屋で

じっとしているほかはない。

 

朝食を作ったり、モーニングコーヒーを飲んだりすることも出来ない。

ひたすら我慢だ。

 

そんな訳で、もうそろそろ出かけたかなと思い、階段を降りると、

ちょうど夫が出勤するところだった。

 

中年になった夫の髪は真っ白だった。

夫は若い頃から白髪が多く、

同窓会があると、友達からはよくからかわれていたものだが、

今は完全なるロマンスグレーになってしまった。

 

こんなことを言うのはなんだけど、夫はイケメンだ。

若い頃からイケメンで(かといってモテる訳ではなく、

モテないイケメン。夫もそのひとり)、

 

結婚する時に、私は友達に、「パモンちゃんは、面食いね~!」と

呆れられたものだった。

 

そう、私は面食いだったのかもしれない。

自分の顔面はさておいて、相手に求める偏差値は高かったのかもしれない。

 

けれど、若い頃の私には、男を見る基準がそれしかなかったのだ。

見た目で、いい人か悪い人かを計っていたのだ。

そんな若かった自分を、今は責めるべくもないけれど……。

けれど、もう少しあの頃の私に知恵があればなぁとは、思う事だ。

 

そんな訳で、夫は白髪になったことで、逆にそのイケメンぶりが増してしまった。

二人で道を歩いていても、私の方はまったく振り向かれないけれど、

彼の顔を見て、驚いて二度見する人はよくいるのだ。

特に男性が多いけれど。

男も驚くほどのイケメンってことか……。

 

そのイケメン夫の髪のおくれ毛が、

柔らかく巻き毛になり、首にかかっていて、

それを見ると、私はなんだか切なくなってしまった。

 

それは私がよく見慣れたものだったから。

その穏やかさは、彼の優しさを表わしているようだったから。

 

そんな彼に、私はこれから〝別れる〟ことを切り出さなければならないのだ。

 

そう考えると、とても気分が重くなり、萎えそうになった。

 

 

 

父の元を離れて、関東へ戻った私には再び日常が待っていた。

けれど夫は仕事が忙しく、連日残業で帰って来ず、

私は私で、田舎でする筈だった仕事にまったく手をつけられずにいたので、

それを消化しなければならなかった。

 

私は、田舎へ帰る前に、夫とはもう無理ではないかと感じていた。

 

なぜなら、その頃の夫は、もう私の言うことなど全く聞く耳を持たずに、

私が何か話しかけようとすると、それに覆いかぶせるように大声を出し、

私の言葉を封じることが多くなっていたからだ。

 

それは単に「うるさい!」とか「お前の話は聞きたくない」、

「お前の言葉には意味がない」ということだったのかも知れないが、

けれど、私はそんな彼の態度に傷ついていた。

 

もしかすると、彼の中には、「冗談だよ」というニュアンスも

あったのかもしれないが、何度も同じことをされると、

私はだんだんと冗談として受け取れなくなっていったのだ。

 

だから、弟のお嫁さんが三ヶ月、留守にする間、

父の面倒をみて欲しいと言われた時には、渡りに船だと思った。

 

少し夫とは距離を置き、これからの事を考えてみたいと思ったのだ。

 

ところが、私が到着したその夜から父の狭心症の発作がおき、

一時は危篤状態で、なにもかもが慌ただしく過ぎて、

結局、ひと月も経たないうちにお嫁さんが帰ってきてしまい、

行き場を無くした私はまた自宅へ戻らざる負えなかった。

 

けれど、三途の川の一歩手前まで行った父はすっかり気が弱くなり、

孫である私の息子に会いたがるので、

「それじゃあ、お盆になったらケンを連れてまた来るから」と約束してきたのだった。

 

 

つづく