トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「便所の神様」1

f:id:pamondou:20191101232227p:plain

便所の神様1

 

 

むかーしむかし、珍山荘というボロアパートに、便所の神様が住んでおられたんだそうな。

珍山荘は築五十年にはなろうという傾きかけたアパートで、二階の共同トイレに便所の神様は住んでおられた。

 

共同トイレは、今時珍しい和式で、大家のばあさんがロクに掃除もせんかったので、汚れ放題だったそうな。

 

その珍山荘に一人の若者が住んでおった。若者の名前は草薙(くさなぎ)亘(わたる)。

地方の高校を卒業してから、派遣会社を転々としているうちに、最近になって勤めていた工場が海外へ移転するとかで、クビになったんだそう。

 

その日亘が、いつものように求人誌を片手に共同トイレに入っていると、ふとした拍子に右手に持っていた赤ペンを、便ツボの中に取り落としてしまった。

 

珍山荘の共同トイレは前にも言った通り、

和式でしかも汲み取り式便所。

「ゲッ! 最悪~!?」

と亘は思ったが、なにせ貧しくて、代えの赤ペン一つも買えん状態だった。

 

幸い下を見ると、住人たちが毎日ひねり出したウンチが、天まで届けの勢いで迫っている。

手を伸ばせば、赤ペンの一つくらい拾うことは簡単そうに見えた。

 

だが……亘は迷った。

……大いに迷った。

 

迷って迷って、悩みぬいた末に、ついに赤ペンが沈み込む前に、便器の中に「エイッ!」と手を突っ込んで、赤ペンを拾い上げたのだ。

 

 

つづく

 

 

 

すなわち、便所は宇宙である

すなわち、便所は宇宙である