トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「便所の神様」4

評判を聞きつけた社長は、誰が毎日トイレ掃除をしているのか気にかかり、ある日こっそり見に行くことにした。

 

 

f:id:pamondou:20191111130054j:plain

 

すると中途採用の新入社員が、額に汗して便器を磨いているではないか。

その姿に「今時、珍しい若者じゃ」とすっかり感心した社長は、この男を自分の一人娘の婿に迎え入れることに決めたのだ。

 

亘は喜んだが、社長の娘は嫌がった。

なぜ私が、よりによって、こんな取り柄のないような男と、結婚しなければならないのよッ! と憤っていたからだ。

しかし、毎日自宅へやって来ては、何も言わずにトイレ掃除ばかりを熱心にやる亘を、娘もだんだんと気になりはじめ、やがて結婚を承諾したのだった。

 

純白のウェディングドレスに、身を包んだ美しい花嫁が、恥ずかしそうに自分に微笑んだ時、亘はもう疑わなかった。

 

トイレ掃除をすれば、ウンがつく! と。

 

 

 

f:id:pamondou:20191111130153j:plain

 

 

つづく