トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「マザーを探して」1

 

開け放した子供部屋の窓から、遠くの方で、

チカッ、チカッと二度明かりがともった。

 

「ユーリだ!」

 

僕はすぐにベッドから飛び起きて、こちらからも暗闇に向かって、

ランプを二度点滅させた。

 

そうしておいて、枕元に準備をしておいたカバンを肩からかけると、

子ども部屋から勢いよく出て行った。

 

いつもなら静かにしなければ父にこっぴどく叱られる階段も、

今夜はダダダと足音高く駆け下りていった。

 だって、今夜は収穫祭なんだもん、と僕は口をとがらせた。

 

そう、今日は年に一度の収穫祭。

だから大人たちは全員、村の広場に出掛けているので、何の心配はなかった。

 

 だって、朝からその用意で賑やかだったのだ。

その興奮した明るい男たちの声が、

村はずれのこの家まで届いていたくらいだ。

 

例年、収穫祭では、男たちがそれぞれ持ち寄った、手作りのご馳走が出て、

酒も出て、ポーカーをして……、

そして何より〝ジェニィ〟が来るのだ。

 

村の男たちが何よりも楽しみにしている〝ジェニィ〟。

彼女を見られる日だった。

だから男たちはこぞって広場に行っているのだろう。

 

行かないのは、〝マザー〟の管理をしている警備員だけだ。

きっと今夜当番になった男たちは、臍を咬んで悔しがっていることだろう。

 

けれどそれは同時に僕と親友のユーリにとってチャンスでもあったのだ。

 

村の男たちが〝ジェニィ〟に夢中になっている間、

僕たちは、手薄になったマザーのいる管理棟へ

こっそり忍び込もうとしていたのだ。

 

まだ誰も見た事のない〝マザー〟を―。

一目見ようとして―。

 

 

 

f:id:pamondou:20191114102909j:plain

 

 

つづく