トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「レンゲの花の咲く頃に」5

一年が過ぎて、ようやく翔くんもこの世界に馴れてきました。立ち上がれるようになると、すぐに歩くこともできるようになりました。パパとママは大喜び。

 

でも言葉を話すことはまだできませんでした。実のところ翔くんは、言葉を使うことを拒否していたのです。

 

どうしてテレパシーを使えるのに、口で喋らなきゃいけないの?

 

翔くんはそう考えていたのです。

そんな翔くんにポヨポヨは言いました。

 

「でもね、人間は口を使わないと何も出来ないんだよ。自分の意思を伝えることも、ご飯を食べることも。それに……キ、キスすることだってね」

 

そう言うとポヨポヨの顔は、なぜか真っ赤になってしまいました。

 

「ふーん、人間ってやっぱり不便だね」

 

ポヨポヨの様子に気づくことなく、翔くんは言いました。

 

「だって口なんて使わなくても、ボクにはみんなの気持ちが分かるよ」

 

そうなのです。翔くんにはみんなの気持ちが、手に取るように分かりました。

 

ママやパパがどんなに口では「怒っていないよ」と笑顔を作ったとしても、翔くんには瞬時にふたりの後ろに、夜叉や修羅が浮かんでいるのが見えるのでした。

 

翔くんには、それがなんとも不思議でなりませんでした。だからある日、ママに言いました。

 

「ねぇママ、これからは正直に生きてね」

「エッ!?」

 

一瞬なんのことだか、ママは分からないようでした。そして今度は翔くんの顔を、穴が開くほどまじまじと見詰めました。

 

「……」

 

それはそうでしょう。初めてわが子が口を開いたと思ったら、喋った言葉がこれなのですから。やがてその顔がだんだんと恐怖に歪んできたとしても、仕方がなかったのかもしれません。

 

けれど翔くんは平気でした。だって、そんなこと分かりきったことだもの。当たり前のことなんだもの。

 

そう、翔くんにとって、「正直に生きる」というのは、至極当然のことだったのです。

 

f:id:pamondou:20191126105726j:plain

 

 

つづく

 

パモン堂書籍はこちらから。

⇨「もう一度」

もう一度人生をやり直せたら、

あなたはどうしますか?

f:id:pamondou:20191128113257g:plain

 

[asin:B0759VJ614:title]