トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

サイコパスによるサイコパスのための今日の占いは、お昼頃にアップいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

(朝寝坊しました~…!! ゆるしてチョ!)

 

でもアレですね。

私思うんですけど、

サイコパスならサイコパスって、顔に書いてあるので、

分かりやすいじゃないですか?ある意味。

 

よっぽど鈍感な人でない限り、

「やべ…この人」って分かりますよ。

 

(レクター教授の顔を見て、警戒しない人などいないと思いますが…)

 

でも本当に困る人は、実は〝親切な人〟なんですよね。

 

正確に言うと、〝自分では相手に親切にしてあげていると、思い込んでいる人たち〟

なんですよね。

この人たちは厄介です。

 

だって、自分の事を〝いい人〟だって信じ込んでいるんですもの。

 

本当は〝いい人〟でもなんでもなく、ただの〝迷惑な人〟なんですけどね。

 

こちらが何も言っていないのに、

「やってあげたよ」

「これしといたから」

と勝手にやる人。

 

こういう人たちが、私の中では〝狂気〟です。

 

しかも、自他の境界線がなく、勝手にズカズカ踏み込んでくる人たち。

これが厄介なんですよ。

 

本物のKYですよ。

 

こんな言い方失礼かもしれないでけど、

中年以降の男女が多いですね。

 

ある程度年を取って、自分なりの世渡りもできて、

自信もつき、だから自分がルールだ!と勘違いしている人たち。

 

そうして、それに意を唱えると、とたんにむくれる

〝中年〟男女。

 

この人たちは厄介ですよ~。

 

まあ、そういう人たちに悩まされているってことなんですけどね、

私が…。

 

いずれにせよ、人間は年を取っても、頭を常に柔らかくして、

新しいものも取り入れないと、途端に錆びついてしまいますよ~と

いうことですかね。

 

社会のお荷物にだけはなりたなくないなあ~と思ってしまう私なのでした。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

 ※もしかすると、これから、サイコパス占いをお昼ごろにアップするかもしれません。

ご了承ください。(朝、起きられないんです…。くすん)

 

 

毒夫。上巻: トナリのサイコパス~あなたの隣のヤバい奴~ (パモンブックス)

毒夫。上巻: トナリのサイコパス~あなたの隣のヤバい奴~ (パモンブックス)

  • 作者:パモン
  • 出版社/メーカー: パモン堂
  • 発売日: 2018/07/01
  • メディア: Kindle