トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「レンゲの花の咲く頃に」8

だから翔くんは、幼稚園の園庭で他の子に泥団子を壊された時も、ポヨポヨを呼ぶことをガマンしました。

 

大嫌いなにんじんがお弁当に入っていたときにも、思わずポヨポヨを呼びそうになりましたが、ガマンしました。

 

そうしてベソをかきながら残さず食べました。

 

ポヨポヨは、そんな翔くんの様子を微笑みながら、じっと見守っていました。

時には、「がんばれ!」と応援しながら。

 

けれど翔くんが、周りのお友達と少しずつ仲良くなるにつれ、その体の色は徐々に薄くなり、元気をなくしていくのでした。

 

「最近とってもいい子ですよ」

 

目を細めながら、園長先生が言うと、「そうですか」とママも嬉しそうに答えました。

 

ふたりは園庭で他のお友達と遊んでいる翔くんを、満足そうに眺めていました。

 

「ひとりでぼんやりする事がなくなったし、それに、名前を呼ばれるとちゃんとお返事をするようになりましたね。以前は呼ばれても返事がなかったんですよ。

いつもぶつぶつ独り言を言っていてね。他のお友達からは、〝ユーレイと喋っている〟なんて言われたりしたものです」

 

「はぁ……」

 

ママは恥ずかしそうに下を向いた。

 

「正直なところ、私は翔くんがなにか、障害を抱えているのではないかと疑っていたのです。しかるべき病院へ早く連れて行った方が良いのではないかと。隣町にも翔くんと同じようなお子さんがいて、つい先日亡くなったばかりでしたから、ずいぶん心配したものです」

 

ママはますます身を縮め、うなだれていました。

 

「でも翔くんの場合は、成長の一過程だったのですね。本当に良かった。あんなに元気になって。

お母さんもよく頑張りましたね、大変だったでしょうに」

 

園長先生にそう言われ、ようやくママは晴れ晴れとした顔を上げた。

そして、

 

「これも園長先生をはじめ、先生方のお陰ですわ。有難うございました」とお礼を言うのだった。

 

翔くんはこの春、無事に小学校へ上がることが決まったのでした。

 

 

f:id:pamondou:20191126105251j:plain

 

つづく

 

☆パモン堂書籍はこちらから

⇨早読みしたい方はこちらから。

ただ今、無料公開中!