トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

サイコパスによるサイコパスのための今日の占い〜真子様は小室さんとどうなる?

イヒヒヒ!

 

サイコパスのよるサイコパスのための今日の占いじゃ。

 

今日は、みんなが気になるあの方々、

真子様と小室圭さんが、これからどうなる?

というのを占ってみたいと思う。

 

この間、秋篠宮様が、

 

「長女とはこの件について話していない」

 

と言い、

 

さらに、

 

「長女は、この件について、なんらかの発表をするべきだ」

 

などと言っておったな。

 

そうじゃろうな。

この件に関しては、国民みんなが耳をそばだてているのでな。

 

けれど、秋篠宮さまがいくらせっつこうと、

なにぶん微妙な問題なだけに、

真子様も口を開こうとはせんじゃろうし、

 

親としては、聞けば意見か説教をしたくもなろうし…。

なかなか難しい問題だと思う。

 

しかし、ここまで事態が大きくなれば、何らかの決着をつけねばならんし、

まあ、来年二月の発表を待つしかないのかのう。

 

 

ワシはお相手の小室さんは、サイコパスとは思うとらんのじゃが、

なにぶん日本国中を敵に回してしまった感が否めないな。

 

なぜあそこまで嫌われるのかと言うと、

彼の生き方に共感できないからなのじゃろうな。

 

どこか自分だけが得をすれば良いという感じが見え隠れするので、

信用ならん!と、誰もが思うのじゃろう。

 

ま、彼にはこのままニューヨークでのご活躍を願うばかりじゃが。

 

(帰ってこんでもいいぞ〜的な)

 

そんなお二人が今どんな状況なのか、タロットで占ってみた。

 

心して聞くがよい。

 

それでは、いくぞ。

 

ジャーン!

 

f:id:pamondou:20191206102717j:plain



今日はケルト十字で占ってみた。

 

まずは、何が問題かというと、

そのものズバリ!

〝貧乏〟が問題だと出た。

まあ、貧乏だからなぁ、彼は…。

(ちょっと寄生虫的な)

 

その裏にある眞子様のお気持ちとしては、

自分が良いと思った恋愛が、国民の同意を得られず、

不平不満が溜まってると出ている。

 

新たな打開策に目を向けず、

彼一筋に決めてはいるが、

もしかして、上手くいかないのでは…?

という揺れる気持ちもあると出ておる。

 

なので、もしかすると、今、

あんまりうまくいっていないのかもしれんな。

 

だから、今、お別れ前の一時的な仲直りを

している時期なのかもしれん。

 

と言うのも、

自分のお気持ちとしては、

「ねぇ、ねえ、見て見て、彼って魅力的でしょ?」

と思う反面、本音では、

あまりにもこの状態が進展しないので、

マンネリに陥っていると出ておるのじゃ。

 

もう無理かも…?

と、ご自分でも感じている様じゃ。

 

こんな感じで一行に進展しなさそうなので、

眞子様としては、内心こんなはずではと

ストレスを感じておることじゃろう。

 

自分以外が敵に見え(もちろん、親も国民も)、

意地でも別れるものか!と

いうお気持ちもあることじゃろう。

(若いのう…)

 

そして、ずいぶん悲しみに浸られているようじゃな。

 

だが、未来。

 

なんと、歓喜のカードが出ているので、

新たなお相手が出てくるのではないじゃろうか。

 

今度はちゃんとしたお金持ちで、国民みんなが祝福できるような、

安心できるお相手のようじゃな。

 

なので、ようやく眞子様にも春が訪れるようじゃ。

 

まあ、親はこんな娘を甘やしてはダメだとは出てはおるがの。

まあ、しょうがないか…。

子どもは親の言う事は聞かないものだからな。

(でも、よく聞くがよい! 秋篠宮紀子さま

 

まあ、ここしばらくはこんな煮詰まった状態が続くようじゃが、

そのうち、真子様も落ち着いてこられて、

実は、彼が自分の財産目当てで、自分が都合のよく利用されていただけだと

気がつく日が来るであろう。

 

・・・とカードに出ておる。

 

「あ~あ、馬鹿馬鹿しかった!」

 

と目が覚める日がいつかは来ると、

それも、もうまもなくだと、

そんな風にカードには出ておる。

 

まあ、国民皆の関心事であったこの問題も

解決の陽の目を見る日がくるやもしれんなー。

 

まあ、しかし、小室さんという人…

あの強烈なお母さんとともに、

本当に面白い人だったなあ~(過去形…)。

 

なかなかこんなに人を楽しませる人はおらんぞ~と

思いつつ、名残りを惜しむ、わしであった。

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

*あ、当たるも八卦、当たらぬも八卦なので、

気にせずに!です。

 

バイチャ!

 

 

 

 ※これですかね~?

小室さんが履いていた皇室ご用達の

五万円の靴というのは・・・?

 

 

 ああ・・・眞子様、もったいない…。

 

ご両親の若かりし頃。

こんなに初々しかったお二人のお子様がねぇ・・・。

でも、子どもは親の言う事なんぞ聞かんのよ・・・。