トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「レンゲの花が咲く頃に」はいかがでしたでしょうか?

おはようございます。

パモンです。

 

昨日まで、連載しておりました、「レンゲの花が咲く頃に」はいかがでしたでしょうか。

 

ポヨポヨと翔くんの友情はこの後も続くのでしょうか。

 

私が思うに、人は生まれてからずっと、様々な存在に守られながら

生きているのだなぁ~ということです。

 

それは実際のご両親や兄弟姉妹、友人、知人、先生たち…

そして、あなたの霊的な存在達。

もっと大きく言えば、自然や動物、植物、地球や宇宙といった

もの達…から、たくさんの愛を貰って生きているのではないでしょうか。

 

よく〝生きているのではない〟

〝生かされているのだ〟とは言いますが、

 

まさにその通りだと思います。

 

私達、ひとりひとりは無力です。

 

けれど、色々な人の力が合わさって、

生きていけているのだなぁとは

このところ、よく考えさせられています。

 

私達は、この主人公、翔くんのように、

ある日、天国からこの地上に降り立ちました。

 

この地上は、正直、生きにくいところではありますが、

それでも、この世を選んで生まれてきたということは、

 

ここで生きて、何かを成し得なければならないのだと思います。

 

翔君はこれから成長して、様々な苦難にも遭う事でしょう。

 

けれど、そんな時、幼い時に貰ったポヨポヨからの愛情を

思い出し、再び立ち上がるのではないでしょうか。

 

そんな事を感じました。

 

そして、私達ひとりひとりにも、この〝ポヨポヨ〟のような存在が

ついているのです。

 

だから私達は、決してひとりではないんですよ。

 

たくさんの存在達から守られて生きています。

 

その事をどうぞ忘れないで…

という作品でした。

 

楽しんでいただけたら、幸いです。

 

 

 

 

 

さて、明日からは、雰囲気が変わって、

「ママチャリVS」をお送りしたいと思います。

 

 

ママチャリVS: トナリのサイコパス~あなたの隣のヤバい奴~ (パモンブックス)

ママチャリVS: トナリのサイコパス~あなたの隣のヤバい奴~ (パモンブックス)

  • 作者:パモン
  • 出版社/メーカー: パモン堂
  • 発売日: 2017/08/19
  • メディア: Kindle
 

 

 

パモン堂、初の試み、文字のないイラストだけの

展開となります。

 

正直、伝わるかどうかは心配ですが、

とりあえず、チャレンジしてみたいと思います。

 

明日からアップいたしますので、

どうぞお楽しみに。

 

 

☆それでは今日もよい一日を。