トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ホラーな彼氏」15

f:id:pamondou:20200217140602j:plain

 

学校から離れた所で、電信柱に摑まりながら、

ようやく私たちは一息ついた。

 

それにしても体が重い。思うように動かない。

息も切れる。膝が痛い・・・腰が痛い・・・。

眼がかすむ・・・。

 

ハアハア大きく息を付いていた私は、泣きたくなった。

何だかさっきよりも更に年を取ったような感じだ。

 

ふと見ると自動販売機があったので、私はヨロヨロと近づき、お茶を出した。

いつもなら炭酸系だが、なんだか急にお茶が飲みたくなった。

それも温かいのが・・・。

 

喉がからからだったので、震える手で飲んでいると、

それを横からヒョイと奪われた。先輩だった。

先輩は私からお茶を奪うと一気に飲んだ。

 

ゴクゴクゴクッ・・・とおいしそうに飲み干すと、

私を見て、にこっと笑った。

 

「―!」

その笑顔がまぶしかった。

 

テニスコートで輝いていた先輩そのままだった。

 

だけど―。

 

ボタボタボタ・・・と音がして、見ると、

先輩の内臓がまたもや落ちてきた。

 

お茶なんか飲むからだ。

体の中が刺激されて余計落ちてきたのだ。

 

しかも今度はプーンと臭いまでしてきた。

それは魚の腐ったような臭いだった。

 

「・・・・・・」

 

 

 

つづく

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫