トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ホラーな彼氏」16

f:id:pamondou:20200217140602j:plain

 


先輩は困ったような慌てたような顔で、腹を押さえるが、

それは止まらない。

 

道行く人が何事かと、鼻をつまみながらこっちを見ていた。

 

私はなんとかしなければと思いつつも、もう力がでなかった。

私はその場にへたり込んだ。そして祈った。

 

「神さま、助けて・・・!」

 

「お前ら、どうした?」

 

ふいに声がして私は顔を上げた。

白い軽トラックが止まって、中から大きな丸顔の若い男が見ていた。

そして、

「こ、これは・・・!」は絶句した。

 

「あ、朝吉さん・・・」

私は涙声になった。

 

肉屋の朝吉はまだ若いのに、でっぷりと肥え太り、

いつも血のついた薄汚れたエプロンを掛けていた。

 

顔の肉に押しつぶされたような細い眼が冷たく光り不気味だった。

でも今はまるで救世主に見えた。

 

「た、助けて・・・」

 

私は車から降りてきた朝吉に助けを求めた。

 

しかし朝吉は私の手を振り払い、あろうことか雨靴を履いた足で私を蹴ったのだ。

 

「グェ―」

 

道路に倒れ込んだ私を、朝吉は軽がると担ぎ上げると軽トラックの荷台に放り込んだ。

 

薄れゆく意識の中で、私は朝吉に捕まえられそうになって抵抗する先輩を見た。

しかし、捕まえられ、かき集められた内臓と共にやはり荷台に放り込まれていた。

 

そしてそのまま軽トラックは走り出してしまった。

 

つづく

 

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫