トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

こんにちは。パモン堂です。

ここしばらく掲載しておりました、短篇小説「ホラーな彼氏」。

お楽しみいただけましたでしょうか?

 

f:id:pamondou:20200217140602j:plain

 

絵も不気味なので・・・

(まあ、無いよりはマシか!?という程度で載せていたのですが・・・)

どうかとは思ったのですが、

まあ、ブーイングも起こらず、無事に終了できたのは、

良かったです。

 

実は続編も考えていて、

 

(え、いらん?いらんのー、君たち~・・・!?)

 

気が向いたら、挑戦しようかと考えています。

 

 

さて、今後ですが、

来週の月曜日から、新連載を始めたいと思います。

(懲りないね、アンタ・・・!とも思うのですが・・・)

 

 

これが・・・少々長いので、まあ、途中で違うのを企画したり、

詰まったら、また占い動画を載せるかもしれませんが、

良ければ、しばしお付き合い願えればなぁ~と思います。

 

別ブログで以前書いていた「うつ病患者と暮らすということ」という

ものがあるのですが、

それをしばらく掲載したいと思います。

(なんだ、単なるコピペじゃねーか、と思ったそこのあなた!

その通りです・・・(^^;))

 

まあ、それはかなり以前から書いていたのですが、

それを現在の視点から再び思い返して、

書いてみようかと思っております。

 

・・・というのも、実は私、

只今、夫と別居中なのです。

 

まあ、もしかすると、このブログを最初から

ご覧になっていた方なら、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

このブログ、今は、「トナリのサイコパス」というタイトルですが、

当初は、「私、54才。女一人で生きていきます」というものだったのです。

 

当時は、別居に向けて、引っ越しの準備やら何やらをしながら、

言うにやまれぬ気持ちを、綴っていこうかと思ったのですが、

 

なにせ、その真っ最中だったので、

なかなか言葉に出来ずに、ブログも続かず…、

仕方なく、今の形になっているという訳です。

 

けれど、そろそろ自分の気持ちも総括したい、

一体、何故こんな事になってしまったのか・・・?

ということも、自分なりに検証していきたいと

思いまして、アップする事にしました。

 

正直、辛いので、上手く書けるかどうかはわかりませんが、

上手く書こうとはせずに、現在の気持ちをありのままに

吐露していこうと考えておりますので、読者の皆様も、

あまり肩ひじ張らずに、お読みいただけると幸いだと思います。

 

まあ、そんな訳で、いきなりハードル上げてどうする、私・・・?

などと思いながら、今、冷や汗もので頑張っているので、

どうぞお楽しみ~。

 

以上宣伝でした。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫
 

 

現在、家出中の私には、本当はこのタイトル、

シャレにならんのよ~・・・!!

(*´Д`)