トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

DVD三昧!

先週見たDVDを記録のために、残しておきます。

 


加藤諒主演『劇場版パタリロ!』予告

 

パタリロ」の映画化なんて、どうするんだろう?と思っていたら、まさかの

ミュージカル!

そうか、その手があったか!!と感動。

昭和女子の心くすぐる、バンコランのガシガシキックに、

思わず大笑いした私・・・。

 

久し振りに笑ったわ~。

もう一度観たかった!!

 


天使の顔をした連続殺人鬼…実話を基にした映画『永遠に僕のもの』予告編

 

う~ん、この主人公、完全にサイコパスだと思います。

平気で嘘をつくし、人を殺しちゃうし…罪悪感もないし…。

いくら顔が良くても、ダメですワ、こりゃ・・・、

と思いましたです、はい。

 

解せんのは、自分の好きな友達も平気で殺しちゃうこと。

自分に気がないと分かるやいなや、すぐ殺しちゃうんだから、

こういう人間に関わると大変です。

 

すぐ殺されちゃいますよ~・・・。

と思った私です。

 

 

 


『コレット(原題:Colette)』予告編

 

才能ある女流作家であるコレットは、夫のゴーストライターとして、

ヒット作を連発するが・・・。

というもの。

 

う~ん、こんなに奔放に生きられたらいいな~。

自由に生きるってこういうことね・・・思ってしまった私でした。

 

すでに18世紀でフランスはこうなんだからなー。

日本はやっぱ遅れているな・・・。この点に関しては。

 


映画『マレフィセント2』予告編

 

なんか、変な宗教にハマったんか?ディズニー・・・?

と言った映画でした。

女は母親役しか認めまへんで~という、ある意味、とってもディズニーらしい映画。

 

アンジーの顔、怖いッ!!

 


『ロケットマン』本予告

 

エルトン・ジョンの自伝的映画。

でも、とっても心に迫る映画。

なんか最後の「ハグして…」には泣けた・・・!!

 

世の中のお父さん、お母さん、どうか子供には罪はありません!

あなたのお子さんを愛してあげてください。

 

愛されなかった子供がいかに困難な道を歩むかと言う、

見本のような映画でした。

 

けれど、必ず道はひらける、とも言えるし・・・

希望はあるかな、と。

 

けれど、どうなんたろう?

こんなに赤裸々に関係者の事を書けるとは、

両親などはもう亡くなってしまっているのだろうか?

 

私達、観客としては、こんな貴重な体験を見せて

いただいて、本当にラッキーだけれど、

当事者としては、嫌ではないかしら?

 

などと少し思ってしまいました。

 

 

けれどこの映画と「パタリロ」が奇しくも、同じミュージカル映画で・・・。

 

規模が違うから笑っちゃうけど、

実は「パタリロ」も嫌いじゃないのよッ!!

意外と面白かったのよ、と「パタリロ」押しな私。

 

まあ、どちらもいい映画です。。。(*´Д`)

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫