トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

昨日から、新連載をはじめております!

昨日から、「うつ病患者と暮らすということ」の〝続〟といいますか、

別物といいますか・・・をはじめておりますが、楽しんでいただけると

幸いです。

 

さて、昨日、相模原殺傷事件の判決が出ましたね。

 

大方の予想通り、死刑の判決が出ました。

 

私はこの事件はあまりにも、ショックが大きくて、

いまだニュースなども読んだり、見たり出来ないのですが、

 

この方の思想云々は、置いといて、

私の興味は、何故、彼がこんな事件を起こしたのか?

ということなのです。

 

何故なら、この方、施設で働いていた時には、

いたって普通だったって言うんですね。

 

普通の青年だった。

それが退職してから、おかしくなった?

 

精神科に通っていたんですよね?

そして、当時の大臣に不穏な手紙を書き送っているのです。

 

その一連の流れが私には気になるのです。

 

この間に何があったのか?

気になるところです。

 

サイコパスというのは、もう生まれつきの気質なんですが、

この方はサイコパスと言えるのか?

 

それとも、何かに取り憑かれちゃったのかな?

という気がどうしてもなりません。

 

本人も精神科医に、「ヒットラーが降りてきた」?

みたいなことを言っているらしいし・・・

 

う~ん・・・なんだろうな・・・?とは思います。

 

それが大麻の影響なのか、何なのか?

それもよく分かりません。

 

でも、おそらくなんですが、彼がトリップして、

別の世界に行ってしまったのは、確かな様ですね。

 

それで戻ってこれなかったのかな・・・?と思います。

 

私達は、決して、自分を他人に明け渡してはいけないのです。

 

それは見えない物の存在にもです。

 

私は、タロット占いをするし、

それにハマってもいるのですが、

やっぱり、これだけに頼ってはいけないと思うんですよね。

 

当たる占い師がいると、人って、どうしても頼ってしまうんですよ。

 

その辺の怖さも分かって、付き合っていかないといけないなぁ・・・

とは最近思っていることです。

 

占いや占い師に頼る時って、

自分の心が弱っている時なんですよね。

その心の隙に付け入れられるのです。

 

だから、よくよく自分を保っていなければならないと思います。

 

まあ、自分の反省も込めてですね。

そう考えています。

 

さて、お昼には、実はまたタロット占いをアップしようと

思っていますが、皆さん、その点をよくご理解の上、

上手に付き合っていってくださいね。

 

そんな事を思いました。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

*結局、私達が出来るのは、自分の人生を、

真摯に生きる事だけですものね~。

 

そう思います。(*´з`)

 

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫