トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」1

 

 これをききますと、お姫さまはもうほんとうに腹をたてて、カエルをひろいあげるなり、力まかせにかべにたたきつけました。


 「さあ、これでよく眠れるだろう、いやらしいカエルめ!」
 

 ところが、カエルは床におちると、もうカエルのすがたではなくって、やさしい美しい目をした王子になったのです。

 

 

 

グリム童話集1「カエルの王さま」より(相良守峯 訳/岩波少年文庫

 

 

 

 

第一章 ニャン太

 

 

 ブウォォォォォォン
 ブォォン、ヴォン

 深夜、車のエンジン音が突如として鳴り響く。

 布団の中に入ってまどろんでいたナナコは、その音で目が覚めた。そして、「またか!?」と絶望的な気持ちになった。

 階下の居間でちびりちびりと酒を飲んでいた夫のリョーヘイが、車を運転しようとしているのだ。どうせまた煙草でも買いに行くのだろう。酒を飲んでから車の運転をするのは止めてと、あれほどと言ったのに……と、ナナコは一人臍(ほぞ)を噛む。

 

 しかし、リョーヘイには、どうしても分からないらしかった。
 

 「……」
 

 不安に押しつぶされそうになりながらも、ナナコの体は、昼間の疲れからか全く動かなかった。その代わり、ナナコは見えないリョーヘイに向かって叫んでいだ。

 

 一体、いつまで私に迷惑を掛ければ気が済むのッ! 
 私やツトムのことなんか、あなたはなんとも思っていないのねッ!

 

 しかし、そう思う間もなく、車はブォンと急発進してしまった。その音を聞きながら、ナナコの意識も同時に遠のいてゆく。もう考えてもしょうがなかった。なるようにしかならないのだ。

 

 いつの間にかナナコは、自分ではどうしようもないことを考えるのを止めていた。それがいつの間にか身に着いた、夫婦間の嵐を避けるコツだったのだ。

 

 お前なんかもう知るものかッ!
 地獄へでもなんでも落ちてしまえ!

 

 最後にそう心の中で叫ぶと、ナナコは深い眠りに落ちていった。

 

 

 

 

つづく

 

 

 

 

 

f:id:pamondou:20200329185042j:plain

 

 

 

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

嫁の家出 (実業之日本社文庫)

  • 作者:中得 一美
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: 文庫