トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

大林宣彦監督が亡くなられましたね。ご冥福をお祈りいたします。

「転校生」「時をかける少女大林宣彦監督が死去、82歳 新作公開予定日に旅立つ

2020年4月11日 07:42

死去した大林宣彦監督
死去した大林宣彦監督

[映画.com ニュース] 大林宣彦監督が、4月10日午後7時23分、肺がんのために東京・世田谷の自宅で死去したことがわかった。82歳だった。

「映像の魔術師」と称された名監督が、旅立った。大林監督は2016年にステージ4の肺がんで余命3カ月の宣告を受けたが、その後も映画製作への意欲を失うことはなかった。“がんと仲良くする”という前向きなスタンスで治療を続け、反戦へのメッセージを込めた作品を世に送り出した。他界した4月10日は奇しくも最新作「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の公開予定日だった。同作は新型コロナウイルスの影響により、公開延期となっていた。

CMディレクターから映画の世界へ入った大林監督は、故郷の広島・尾道を舞台にした「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」の“尾道三部作”があまりにも有名。薬師丸ひろ子原田知世富田靖子らのみずみずしい表情を切り取り、一躍スターダムへと押し上げたことでも知られている。04年に紫綬褒章、09年に旭日小綬章を受章、19年に文化功労者に選ばれている。

葬儀・告別式は、家族葬(密葬)を執り行い、後日、お別れの会を予定している。喪主は、妻で映画プロデューサーの大林恭子氏が務める。

(映画.com速報)

 

大林宣彦監督がお亡くなりになりました。

 

監督は後年、学生たちに、映画技術を教えておられたので、

そこで学んだ学生たちも大勢いたのではないかと思います。

 

私、個人としましては、やはり、「転校生」と「時をかける少女」ですかね。

 

「転校生」の時は、たしか中学生くらいだったと思いますので、

ちょっとエッチな映画という気がしていました。

 

「男女の体が入れ替わる~!!

げっ、気色悪~ッ!!!」

 

って感じでしたね。

 

思春期真っ盛りでしたから、

自分の体が男子に見られる~!?

と言う事が、耐えられなかったのでしょう

(逆も嫌でしたけど・・・。

触るのかいッ!て感じで・・・)。

 

漫画ではそんなシチュエーションはいっぱいあったのですが、

リアルとなるとね・・・嫌だったんですね。

 

もちろん、数少ない地元の映画館に、この映画が配給されることはなく、

これを観たのは、ずいぶん大人になってからですが・・・

 

(若い頃観ていたら、また印象が違っていたんでしょうね)。

 

 

しかし、周りの男子たちには、絶大なる人気を誇っていましたね。

きっとわくわくしたんでしょうね。

 

おそらく、男女の入れ替えという衝撃とほのかな性へのあこがれも

あるのでしょうが、尾道という地域の持つ郷愁も彼らの心をつかんだのだと思います。

 

(そういえば、尾道行っていないなぁ~。

今度行ってみたいなぁ~・・・)

 

なので、正直なところ、「転校生」には、あまり興味はないのですが・・・

(あ、ちなみに「転校生」の主役は小林聡美さんです。↑の記事ね。薬師丸ちゃんではありません。もしかしたら、「謎の転校生」と間違えているのでは・・・?と

ずっと気になっているのですが・・・)

 

やはり私は、「時をかける少女」ですかね。

 

今でもカラオケ行くと歌いますよ、この歌。

 

〝とぉ~き~を~かけ~る少女~〟なーんてね。

まだやってますよ、おばさん、女の子を。(*´ω`*)

 

この時だけは、当時のピュアな気持ちに戻れるんですよね~。

 

この映画は当時、通っていた短大の友人と観に行きました。

しばらく、友人がふざけて、映画の中で子供の頃の知世ちゃんが

歌っていた、

 

〝桃、栗、三年、柿八年~!〟

 

を歌っていましたっけ。

なんか懐かしいわ~。

 

この映画も素晴らしいんですよ。

映像も美しいし、切ないんです。

 

原作は何という事もない、SF本だったとおもうんですけど(学園物って言うのかな?)(ゲゲッ、今見ると、原作は筒井康隆さんでした!ひぇ~、先生だったんですかいッ!)、

見事に人と人とが相手を思いやる、優しい映画に昇華されていました。

 

傑作だと思います。

 

あ~・・・また見たくなりました。

 

本当に残念なことです。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

という事で、まだ知らない方には、ぜひ見ていただきたい映画です。

 

 

  ↓

知世ちゃん版を観てね。

 

 こちらも見てね (*´ω`*)