トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

言ってあげればよかった!

言ってあげればよかった!
2007-12-07 10:28:54

テーマ:日々つつがなし・・・

 

夫とは相変わらず、小康状態を続けている。

この間二人で「ペギー・スーの結婚」というDVDを観た。
これは、キャスリン・ターナー演ずる主婦が、高校時代へ
タイム・スリップするというお話。

なかなか面白かったのだが、問題となるのは、
高校時代の恋人である、現在の夫と、また結婚するかどうかという
選択を迫られる所だ。

未来の二人は、別居中。
今度は失敗しないぞとキャスリンは誓うのだが—というお話。


これをうつ病の夫と観るのは勇気がいるが、
二人の意見は、「やっぱりやり直せるなら、別の人との生活も
経験してみたいよね」というものだった。

まあ、それはそうだろう・・・として、
なら—と私はちょっと意地悪な質問をぶつけてみた。

「じゃあさ、子どものころに戻れるとしたら、どうする?」

う~ん・・・としばらく考えていた夫は、

弟や妹を大事にして、仲良くする

と言う。


夫の妹も弟もうつ病を患っている。
苦しんでいるのは夫ひとりではないのだ。

夫は特に義弟の事を大切に思っていて、
その弟と、距離が出来たのをとても悲しんでいるのだ。

そうか・・・と私。


「ならさ、今なら、お父さんとお母さんが離婚する事が
分かっているじゃない?どうする?」

我ながら、嫌な質問だと思いつつ聞くと、

夫は

「努力する」
と言う。

父にもっと遊んでとせがみ、
みんなが仲良くできるように努力する—と。


私ははっとした。

夫はなんていい子だったんだろう・・・と。


そして舅姑に少し恨み言をいいたくなりました。

「でもさ、そんなの本当は親がするべきことだよね」

う~ん・・・と夫は困っていましたが・・・。
(そりゃ困るよね~とあとで反省したけれど・・・)


そのあと、いろいろ話をしていく中で、
夫は、自分には何かやりたいことがない—
ということが問題なんだと言い始めました。


これは昔からよく言っていたことで、
夢がないんだと言うのです。


夢がない—
やりたいことがみつからない—

それが問題だと。


逆に夢ばかり追い掛けて苦しんでいた私は、
羨ましくなってしまいました。

なので思わず、
「いいじゃん。やりたいことがないなんて、逆に
うらやましいよ。目の前のことをやっていればいいんじゃない?」


すると夫は語気を荒げました。

やりたいことがないのは、辛いことなんだよ。
やりたいことがあったら、うつ病なんかにならないんだよ、と。

・・・・・・。


そうか・・・。そうだよなあ・・・。

やりたいことがないのは、辛い事なんだよなあ・・・。


いいじゃん—なんて安易に言えないんだよなあ~・・・。

 


しばらく経ってから、
ああ・・・そうだ、

夫はうつ病になるくらい、苦しんでいたんだ—


ということに気づきました。


うつ病になるくらい、やりたいことを探していたんだ。
熱望していたんだと—。


なんとなく夫のことがまた一歩理解できたような気がしました。

 

・・・・・・ということまでは分かったのですが、
あと一歩進めません・・・!


このことをあの時言ってあげられれば良かった!

まあ、気づくのが遅かったので、しょうがないけれど、
そのあともどうにかして伝えられないかなあ・・・?
と思っているのですが、まだ伝えられないでいます!


もう遅いかな・・・?と思いつつ、
タイミングをはかっている
私です。

 

 

 

 ↑

なんか、切なくなるような当時の状況ですが…。

結局のところ、離婚してしまった今の私からは、

何も言えません…。

(ただ、私って、真面目だなあ~…とは思いますが…。

元夫のうつ病より、自分の純粋さが、今は胸を打つ)

 

ところで、この「ペギー・スーの結婚」は、

予定調和で、元さやに納まったと思うのですが、

これが元さやに納まらないで、離婚するという結末でも

良かったのかな?と思います。

 

人の人生って、それぞれで、その時は、いいと思っても、

後から、やっぱり大変だーとは思う事なので、

別離があってもいいわけですよね。

 

今後、そういう映画も観たいです。

まあ、ヒットはしないと思うけど…。

 

 

☆それでは今日もよい一日を。