トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

病院へ行こう3

病院へ行こう3
2007-12-15 00:13:24

テーマ:日々つつがなし・・・


夫と共に、久しぶりに訪ねた精神科の医者は、
気力のあるきびきびとした人だった。

 

家族が一緒に来た事に、嫌な顔をせずに、
診察室に迎え入れてくれた。

 

私はしばらく夫が医者と話すのを聞いていた。

夫が
「寝ようと思えばいつまででも寝られるんです」
と言っているを聞いて、

 

ああ・・・そう言えば、いつまでも部屋から出て来ない
ことがあるなあ・・・。

ああいう時は調子が悪いのか・・・?
と改めて思った。

 

新鮮だった。

そんな風に感じたことがなかったからだ。

 

いつもは、「またか・・・」と思うだけだからだ。


さすがに怠け者だから・・・とは
思わなくなったけれど、
やる事が何も無くて、やる気がおきないのか?
と思っていたからだ。
だから、しょうがないなあ~・・・と。


だが、夫は1日1日体調が違うのだ。
(やる気の問題ではない)

同じ日はないのだ・・・ということに、
気づかされた。
(これも一緒に病院へ行ったからだ。

診察室に入らなければ分からなかった事だ。
夫は、そんな細かいことまで
家族に話すような人ではないのだから・・・)

 

夫との話が終ると、夫には外へ出てもらい、
医師と二人で話すことになった。

 

私が聞きたかった事は、おそらくたくさんあったのだと
おもうけれど、やはり一番は、「今はどんな状態なのか?」と
いうことだった。

 

医者が言うには、まだ休みが必要だろうと言うことだった。

 

だいぶよくなってはいるけれど、それでも本人の中に、
会社に行くということが、引っ掛かっているようだというのだ。


・・・う~ん・・・そうだろうな・・・。
夫は心底会社が嫌なようだ。

 

私は、夫の状態が一時期非常に悪かった事を話した。

まさか・・・!?そんな・・・?

と医者は笑った。

 

信じられないという感じだった。

そうだろうなあ・・・。
と私は思った。

 

もう何度こんな目で見られたことか・・・。

夫は非常に見た目が、柔らかいのだ。
穏やかな人に見えるのだ。

 

それが周りの人に誤解を招くのだ。

まさか・・・!?あんないい人が—?
うそ~・・・?

 

とまるでこちらが嘘を付いているように疑われる。


まあね・・・。
ジキル博士しかしらない人にはそうだろうな・・・と
いつも私としては悔しい思いをしているのだけれど・・・。

大体、本音や本性は身内しかしらないものだし、
言ってもしょうがないかなあ~、と諦めてはいる
(でも悔しい~)。

 

・・・しかし、医者にだけは伝えておかなければ、
誤診をされては困るではないか!?


いえ、本当です。
一時は私の方がノイローゼになっていたんです。
夫の暴言で・・・。


・・・・・・。

医師はようやく真顔になってくれた。


そして、薬がまた増えてしまった。

 

言わねばならぬ・・・と思っていたけれど、
注進してよかったのか、わるかったのか・・・
またまた悩む私。


実は、私は前から医師に頼みたいことがあったのだ。

それは、カウンセリングを受けさせて欲しいということだった。

夫は私が言うと嫌がるので、
(それと私が提案することには、
全て「NO」なので)
私からは勧められないのだ。


そこで、私は夫が信頼しているこの医師から
勧めてもらえないかと思っていたのだ。

 

前に一度、女医時代に、
カウンセリングを受けたことがあったのだが、
「自分には合わない」とすぐに止めてしまった。

 

地域のAAの集会にも通っていたが、
それもだいぶ前の話だ。

 

ただ、このAAの集会では、
参加者たちはみな自分と同じアルコール依存症の人たちなので、
話を聞くだけでもいろいろと感じることがあったようだ。

 

本当はうつ病患者の人と話ができるといいのだろうけれど、
なかなかそんな人も周りにはいないし、
いたとしても、おそらく夫は気乗りしないだろう。

 

そうなると、やはりここはプロのカウンセラーに
頼むしかないなあ~・・・と思っていたのだ。

 

しかし、医者は、う~んと唸って、
今はまだ薬で押さえている状態だから、
カウンセリングは無理ですよと言った。

 

あ~・・・そうなのか・・。

単純に誰かに思いを吐き出せたら、
良くなるのではないか・・・?と思っていた私は、
ことがそう単純ではないことに
また気づかされた。

 

なるほどね・・・。

 

結局はまだこの状態がしばらく続くということなのね。

 


ただ、こう書くと、まるで理路整然と話しているようだけれど、
本当は、言いたい事、伝えたい事がたくさんあって・・

 

でも言葉が出て来なくて・・だからと言って果たしてどこまで
話していいものやら・・・と悩んだりしながら話しているので、
「何がいいたいの?」と医師に言われたりもした。

 

本当にね~。

 

家族の思いは複雑です。
気持ちばっかり焦ってしまって・・

 

でもまあ、今回主治医に会ってみて、
この人になら任せそうだし、
本来なら、もっと早くに会って、
一緒にチームとして、夫のうつ病
戦っていかなければならなかったのに・・・
と思ってしまいました。

 

でも、これからは私も一緒に病院へ行って、
逐一話しを聞いてこようと思っています。

 

最近、私が思う事は、
夫って「うつ病」という“病”だったんだなあ~ということ。

 

そりゃ・・・頭では分かっていたんですよ。
なんか病気だってことは・・・。

 

ただそれが、今ひとつ分かりにくいというか・・・、
一見まともそうに見えるから、
こちらは普通だと思ってしまうんですね。

 

だから、「休んでいればそのうち治るわよ~」
なんて気軽に思ってしまう。

 

でも、これは大きな誤解、間違いだったんだなあ~・・・と
改めて感じています。


それと、ウチの夫の場合は、知り合った時から、
ずっとこんな調子だったので—
朝、起きて来ないとか、いつまでも寝ているとか—
その延長線上と考えていたんですね。

 

でも・・・もしかすると、
知り合った時から、もうすでにうつ病だったのかも・・・?

 

なーんて想像は尽きないのですが・・・。


病院からの帰り道、久しぶりに共通体験をした
私たちは、一気の病院での話しをして
盛り上がってしまいました。

 

帰ってきてからも話しは尽きず、
久しぶりに夫は前のように、
共感性もある、優しい人に戻っていました。

 

私はいつまでもこの“まとも”な
夫の方を捕まえておきたくて、
ずーっと話し続けていたような気がします。

 

また、ハイドにもどったら、
話しが出来なくなってしまう・・・。
だから今のうちに・・・。

 

そう思っていたのでしょう。

だから、ぐったり・・・疲れました。

 

休職したてのころには、
やたらと元気でジョギングを何時間もし続けていた夫。

    ↓

やりすぎて足を痛めてからは、家に引きこもり、
バンバン大きな音を立てては威嚇をはじめ・・・

  ↓

やがては、私や子どもにいちいち突っかかるようになり、
口撃開始・・・

 ↓

私の方が耐えきれなくなり、大喧嘩・・・。
そこでようやく大人しくなる。
ほんとうのうつ状態。うつうつしだす。

 ↓

現在、薬を大量に飲み続け、
大人しい人へ・・・
(じゃあ、薬が切れたらまた凶暴な人へ?)


・・・・・・。


分かりません。

でも、こうやって、少しずつ整理していこう、
と思っている私です。


とにかく、夫が“病気”だということに
気づいただけでも、今は大収穫という気がしています。