トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」33

ところが、しばらくは大人しかったリョーヘイのあれが、再び、深夜、現れるようになった。


ドシン、ドシンとボールを天井に投げる音。そしてそれに続く罵声―。

 

慌てて起き上がったナナコは、リョーへイの口を押さえたが、リョーへイは抵抗した。「ンーンー」と言いながら、イヤイヤをするように大きく首を振ると、ナナコの手を払いのけようとした。

 

そしてそれが無理だと分かると、今度は馬乗りになって押さえつけているナナコの身体の下から、何とか逃れようともぞもぞと動き始めた。

 

リョーヘイが動くとナナコの身体も大きく揺さぶられる。身体の大きな男が一度暴れ出すと、どうにも手がつけられない。ナナコは自分の非力さを思い知った。

 

そうしてその日から、リョーヘイの力が尽きるまで、毎晩のようにナナコはリョーヘイの身体に乗って押さえつけていなければならなくなった。

 

しかも近所迷惑にならないように、声は出さずに、無言のままでやらなければならない。

 

激しく抵抗するリョーヘイの身体を右へ左へ追いながら、それは時には半時間以上にも及ぶ格闘となった。あまりにも疲れている時は、ナナコはいつの間にかリョーヘイの身体の上で眠ってしまうという事もあった。

 

ようやく静かになると、ナナコは深い溜息をつく。そしてリョーヘイの身体から身を起こすのだが、いつの間にか全身からは汗が噴き出しているのだった。

 

「……」

 

そうして、痛む腕を気にしつつ、自分の布団へ滑り込むのが常だった。

 

 

f:id:pamondou:20200420133553j:plain

 

つづく