トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」34

ツトムは気づく時もあれば、気づかない時もある。けれどナナコは毎回ツトムの寝顔を確認した。

眠っていればよし。

けれど時々ツトムは寝た振りをした。

 

ツトムにはそういうところがある。気づいているのに気づかない振り。それはツトムなりのナナコへの気遣いだったのだと思う。

 

何が起こっているのか聞きたいけれど聞けないという、彼なりのジレンマ……。ナナコにはそんなツトムの気持ちが痛いほど分かっていた。

 

ナナコだってもちろん、ツトムに答えてあげたいが、毎晩、それも何故か判で押したかのように、きっかり十二時を回ると別人になってしまう夫を、どう解釈していいのか分からなかったのだ。どうすればいいのか見当もつかなかった。

 

ただただ手をこまねいて見ているだけしかなかった。

 

布団の中に潜り込ん寝ているツトムの顔を確認しながら、ナナコは、小さく溜息をついた。

 

一体どうすればいいのだろう、どうすれば……。

 

だが、いくら考えても答えは出てこずに、ただ時計の音だけが虚しく響くのだった。

 

そんな生活が続いていくうちに、野沢家では誰もが、段々と朝が起きられなくなってきた。

 

リョーヘイが起きられないのは当たり前だが、ナナコも目が覚めると、朝七時半を過ぎているということがよくあった。子どもたちは登校班を作って、一列に並んで学校へ行く。

 

その集合時間が、七時四十五分で、ナナコは慌てて傍らのツトムを起こし、無理矢理ランドセルを背負わせて送り出すのだった。

 

寝ぼけ眼のツトムが恨めしそうな顔で、ナナコの方を振り返り振り返り歩いていくのを、心の中で申し訳なく思いながら見送った。

無理もない。

毎晩、夜になると、父親が大声を出しては暴れるのだから……。寝不足もいいとこだ。

 

徐々にツトムは学校へ行くのを渋るようになってきた。朝になると「お腹が痛い」などと訴える。

 

だが、ナナコはツトムを休ませることはしなかった。ツトムを休ませると、だらしなく寝入っているリョーヘイの姿を目に焼き付けさせることになるし、それでなくとも、カーテンも開けずに暗い部屋の中で、生きているのか死んでいるのかも分からないような状態の父親と、二人っきりにさせることは、どうしてもできない事だった。

 

ツトムを送り出すと、ナナコはその場にへたり込む。

 

ナナコ自身、慢性的な寝不足だった。

 

私だって、休みたいのよ―、とナナコは思った。

 

だが、ナナコもまた休めなかった。

 

何故なら、休むと嫌でもこの重たい空気の中で、リョーヘイと二人っきりで取り残されるからだ。

 

まるでこの家の主(ぬし)のような、置物のような、大きな物体と二人取り残され、その存在をいつも感じていなければならないのは、嫌だった。

 

だから、ナナコは、「エイヤ!」と自分に気合いを入れて、仕事に出掛けた。

この時ほど、仕事と言うものを有り難く思ったことはなかった。

 

 

f:id:pamondou:20200329185312j:plain

 

つづく

 

 そろそろこういうのが必要な時期になってきました~。

紫外線こわい…。(*´Д`)