トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

どっちを選ぶ?

どっちを選ぶ?
2008-03-02 10:24:21

テーマ:日々つつがなし・・・


夫は私がブチ切れたので、
町内会長の仕事にとりかかり始めました~。

 

やはり自分でしたいようです。
もしくは、私に説明するのが面倒くさい?

 

私の方でも、出来そうな掲示物などは、
勝手に奪い、やっています。
私もやれそうなところはやらねば・・・。
(任しておけない?)

 

夫と話をしていたときに、
AC理論は画期的だったという話題に—。

 

それまで「親のせい」なんて言う人はあまり(?)
いなかったし、悪くなるのは子どものせいと思われてきました。

 

しかしここで原因が「親」にあるとはっきり示したことは
大きかったといいます。

 

そこで子ども側は救われた気がしました。

原因が分かれば、あとはそれを正せばいいだけですものね。

 

ただ、AC理論ではここまでで、
原因は分かったけれど、じゃあどうすればいいの?
というと、そこで皆頭を抱えてしまった気がします。

 

カウンセラーに行ったり、
親と直接対決したり、
薬を常用しつつ、
心の鍛錬をおこなったり・・・。

 

皆様々な方法で乗り切ってきたとは思いますが、
それはあまりに個人的な体験で、一概にじゃあこれをすれば治る!
みたいな感じにはまとまらなかった気がします。

 

こころの問題ってやはり難しいですね。

 

こう、パッ!と「こうすればむ治る」みたいなものが提示されるといいのですが・・・。
そんなことはあり得ませんね。
ああ・・・難しいです。

 

なんてことを夫と話していると、夫が自分のことをこんな風に
話してくれました。

 

例えば、ハイキングをして、山道を歩いているとしますね。

道が二手に分かれているところに来ました。

 

右へ行けば山があり、
左へ行けば湖がある。

 

どっちへ行けばいいのか判断がつかない・・・
それがうつ病だと。

 

そのときの装備や体調、天候などをみて、
いろいろ考えるけれど・・・
どうしても決められない。
なので、考えても考えても分からないので、
その二股に分かれている場所で頭を抱えて、
ひとり座り込んでいるのが自分なのだと。

 

・・・・・・。

 

う~ん、なるほどね。

 

決められないか・・・と私は思ってしまいました。
(決められないというのが、ウチの夫の苦しさの原因なのです)

 

そこにはおそらくどちらかを選んで失敗したら、
どうしよう・・・?という不安があるのだと思います。

地獄へ行ったらどうしよう・・・?

奈落の底へ突き落とされたらどうしよう?

借金まみれになって、死んだらどうしよう?

 

自分では完璧に計算して選んだつもりでも、
もしそれが間違いだったら、どうしよう・・・?

 

どうしよう?どうしよう?どうしよう?

 

と考えているうちに、ついには立ち往生に
なってしまったということです。

 

そこには、片方の道は成功(天国)で、
もう片方の道は失敗(地獄)という、

抜き難い二者選択の思考があります。

 

さあ、正しい道はどっち?

 

と迫られているようです。

 


では皆さまはどちらを選びますか?

右の山道?
左の湖の道?

 

その訳は?

 


・・・・・・。

 


うんうん。なるほど、正解~!
正解で~す!

 

 

そうなんです。
どちらを選んでもいいんです。

 

今は二つに分かれているように見えるけれど、
向こう側に渡ったら、また一つの道なんです。

 

だからどちらを選んでもいいのです。
どちらか好きな方を選べばいいのです。

 

体調や装備、天候なんて関係ありません。
だって、そんなものは刻一刻と変わるものだし、
そんなものに振り回されていても何の役にもたちません。

 

大切なのは、頭で考えるよりも、
こころで感じることだと思います。

 

こころで、ばっと決めればいいのです。

 

あ、なんかここ良さそう。

 

それでいいのです。

 

そしておそらく右の道へ行っても、
左の道へ行っても、
急な雨が降ってきたり、嵐になったり、
崖崩れが起きたりすると思います。

 

それはどちらに行っても起こる事なので、

 

「ああ・・・あのとき、左へ進んでいれば・・・」

などと考える必要はありません。

 

なぜなら、左へ行っていても結局はそれは起こるのですから・・・。

 

ようは、どちらの道を選んでも、
楽しめればいいということです。

 

「あ~、楽しかった!」と言える体験を
たくさんすれば、その道を選んでよかったと

思えるのではないかと思います。

 


まあ、そんなに考え込まないで、
ちょっと頭を軽くしてみませんか。

 

そして、頭ではなく、
心で感じる、ということを
やってみましょう。

 

人生にはそういう意味では、
失敗というものはないのだと思うのです。
(と夫に言ってみましたが・・・どうなりますか?)

 

 

 

******************************************************

 

な~るほど…。

我ながらいい事言っているわ…

などと思いながら読んでいました。(*´ω`*)

 

この頃、まるで禅問答ののように、

夫からこのような質問をされていました。

 

なので、苦し紛れにこんなことを言ったのだと思います。

 

けれど、あながち間違ってなどいないような…?

 

結局、〝今〟が大切なんですよね~。

 

そう思います。

 

 

☆それでは今日もよい一日を。