トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

ちょっと今、この本に夢中です

こんにちは。

パモンです。

 

今日からまた、記事をアップしております。

「ニャン太を探して」です。

 

(「うつ病患者と暮らすということ」は、もうしんどいので、

挫折です。楽しみになさっていた方は申し訳ありません。

 

よろしかったら、こちらのブログを除いてみてください~・・・!!

 

今はなんだか、離婚ブログのようになってしまっていますが・・・(*´ω`*))

 

ameblo.jp

 

ポロンという名前ででています。

 

なんか、「昔の名前で出ています」みたいだわ~…!!

 

と言っても、知らん人の方が多いでしょうから、

一応、貼っておきますね。

 

 

 

(*´Д`) こちらもどうぞ。


昔の名前で出ています

 

まあ、これに懲りずに、お付き合いくださいませ。(*´Д`)

 

 

実は、今、夢中になって読んでいる本があるのです。

それが、コレです。

 

 

 

 

この間、元の自宅へ戻って、本棚を見ていると、

なぜか目が合って、そのまま自分の家へ持ってきたというものです。

 

「がんが自然に治る生き方」です。

 

何故この本に惹かれたかというのは、

今、私自身が非常に食生活が乱れているからです。

 

お金がない、買い物行けない、そんなに食べられない、

でも、栄養をとらなければ体を悪くする、どうしていいか分からない、

手近なコンビニ飯ですませちゃう・・・!!

 

などなど、一人暮らしになってから、今までより、さらに

食事が乱れ、手抜きになっているのを自分でも感じているからでした。

 

そして、まだン十歳なのに、えらい老けてしまったからです。

 

同年代の友達と、旅行へ行くと、「母子ですか?」と聞かれることや、

電車に乗っていると、よく席を譲られるということがあるからです。

 

(ひ~~~・・・!!!)

 

声なき悲鳴。

 

 

これは一つ、体の中から変えていかなければなるまい、とは

分かっていても、なかなか食生活を改善するまでは至らなかったのです。

 

けれど、この本と目が合ってしまったということは、

もうこれを実践しろ! てことですよね。

そう思いました。

 

そもそも、なぜこんな本が元の家に置いてあるかと言うと、

四年前にがんで亡くなった母のために、何かできないかと

思い、当時、いろいろと検索していて、この本をみつけたのでした。

 

しかし、母はもう末期で、いまさら食事制限をと言っても、

本人も望まなかったし、私自身も、そういう母に強制することも

できずに、本棚へしまってあったのです。

 

それが奇しくもこんどは自分のために、〝やれ!〟と言われたのでした。

 

私は、がんではないのですが、この劣化の激しさは、やはり、

食べ物に起因しているだろうとは、なんとなく分かっていたのですが、

それでも、忙しさにかまけて、挑戦してはいませんでした。

 

食生活全般を見直すというのは、勇気がいるものです。

 

それでも、ビーガンの知人などをみていると、

肌つやがいいし、しわもないし、

とても年上とは思えないくらい、お綺麗です。

 

この方は、自身ががんを患い、それこそ死ぬ思いで、

食生活を変えたのだそうです。

 

というのは、食生活を完全に見直すと、

その副作用で、逆に悪くなってしまうというのです。

 

そのため、この方は、しばらくトイレで生活をしていたと言います。

いつ吐いてもいいように・・・。

 

そんな壮絶な戦いの末、がんから克服をして、今は大変元気です。

 

彼女のような見本があるため、

べつに今さしたる病気はないかもしれないけれど、

おそらくそうも言ってはいらなれないような事情になる前に、

なんとか、自分も食生活を変えねばなるまい、と思い立ったという訳です。

 

で、なんと、今日が、記念すべき、第一日目なのです~!!!

 

ワー、パチパチパチ!

 

と、ここで書いておき、あとでさぼらぬように、しなくては・・・(*´Д`)

 

 

そんな訳で、私の食生活改善プログラム、

やってみま~す。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。

 

f:id:pamondou:20200630181728j:plain