トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」76

リョーヘイは駐車場で、一人二階へ向かって、
「テメェ、いい加減にしろッ! 早く降りてこいッ! 降りて来いったら!」などと叫んでいたが、もちろん二階の住人が降りてくるはずもなく、手持ち無沙汰にしていた。

 

そこで今度は小石を拾っては二階に投げて、「オイ、オイったら」とまた叫ぶが反応がないので、頭に来て二階へと続く外階段をふらふらと上り始めた。

 

ちょうど外へ出たナナコがそれを見て慌ててとめるが、リョーヘイはその手を振り払い、一段一段上っていった。

 

「早く、早くお巡りさん来てッ!」

ナナコはリョーヘイにしがみつきながら、そう祈った。

 

二階の部屋の前まで来ると、リョーヘイはドンドンドンとドアを叩いた。

 

「出てこいッ、コラッ! 出て来いって言ってんだよッ」ナナコは口に指を当てて小声で「シーッ、シーッ」と言った。

 

「もういいでしょう。早く帰ろう、ね」そう宥めてリョーヘイの身体を支えながら、階段を下りようとするが、リョーヘイはその場に座り込み、

 

「もう、いいよ。お前、なんだよ、俺の邪魔ばかりしやがって」とつぶやいた。

 

「……」

 

「もうお前はいい。お前なんか嫌いだ。あっちへ行け」そう言ってナナコを手で追い払おうとする。ナナコは焦った。リョーヘイを一刻も早く部屋へ戻したいのに……。

 

その時、ナナコの足元で「ニャー」という声がした。

 

 

f:id:pamondou:20200630182548j:plain

 

つづく