トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」96

その言葉通り、それ以来リョーヘイはナナコにすっかり心を閉ざしてしまった。

語りかけても無視するか、生返事しかしなくなる。

夕食も一緒に食卓を囲むことがなくなった。

いつも一人、仕事帰りに買ってきた酒のつまみで食事を摂り、こちらの方を見ようともしなかった。

 

その事はナナコの心をいたく傷つけたが、半分仕方のないことと諦めてもいた。

 

私の方も彼を信用できなかったのだもの……これでおあいこだわ。

 

この事は、自分への罰だとナナコは感じていたが、時が経てば、また元のように家族みんなで仲良く暮らせる日が来るとそう信じていた。

こんなことは一時的なことだと。

飽きっぽいリョーヘイのことだもの。

長続きはしないのだと。

 

だが、ナナコの予想に反して、リョーヘイの態度は変わらなかった。

変わらないどころか日を追って頑なになっていくようだった。

 

f:id:pamondou:20200720102103j:plain

 

つづく