トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」100

 家庭内の諍いは、土・日には特に酷くナナコはそれを避けるためにも家探しに奔走した。

だが、どんなに不動産屋を回ろうが、どんなに物件を見に行こうが、なかなかこれぞと思う家には出合えなかった。

 

いいと思うものとは値段が折り合わなかったし、逆に値段が手ごろな物件には、住みたいとは思わなかった。そういうものは、大抵が古くて手を入れなければ住めなかったし、第一、前の住人が何十年にも亘ってつけた匂いが残っていた。

 

その匂いを嗅いだだけでナナコはゲンナリするのだった。

 

そのうちナナコは新聞の折込広告を見ただけで、それがどこにある物件でどんな間取りかということまで、ありありと思い浮かべることができるようになってしまった。それくらい近隣の売家は見尽くしてしまった。

 

だがそれでもリョーヘイが満足するような静かな場所、静かな部屋、それでいて、きれいな家というものは見つからなかった。

 

ナナコは気弱になっていった。そして時々、私たちが買える家などないのではないか、永遠にあのアパートに閉じ込められたままではないか、などと思うのだった。

 

そんなある日のこと、いつものようにナナコは不動産のチラシを持って出掛けた。

 

家にはおそらく明け方近くまで飲んでいたであろうリョーヘイが、カーテンを閉め切って眠っていた。仕方なくナナコは、隣の部屋でつまらないテレビをみていたが、この重たい空気に耐えられなくなり出てきたのだった。

 

 

f:id:pamondou:20200801113657j:plain

 

つづく

 

 

 

昨日、ニュースを見ていたら、台湾の李登輝総統が亡くなられたとの

一報をしりました。

安倍首相も談話を発表していましたね。

 

日本と台湾の架け橋になった方だと。

 

本当にありがとうございましたとお礼を言いたいです。

 

大変な歩みをご苦労さまでした。

どうぞゆっくりお休みください、と。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。