トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ニャン太を探して」104

ナナコはいつも疲れていた。

眠っても疲れはとれず、朝は起きられなかった。

時々背中に背負っている全ての荷物を放り出し、自由になりたいと思ったが、それは叶わぬ夢だった。

その頃になると、ナナコは自分のために休みを取るようになっていた。

 

今までは子どもの学校行事、病気の時以外では仕事を休んだ事はなかったが、どうしても気力が出ない時には、子どもが病気でと言い訳して休んだ。

 

そんな時は何もせず、ただ一人布団の中でじっとして天井を見詰めた。そして、全てはここから始まったのだと思った。

 

この天井から聞こえてくる足音で、全てが狂ってしまったのだ。けれどそれは単なるきっかけに過ぎなかった。

 

ナナコとリョーヘイは、それ以前からも上手くはいっていなかったのだ。

 

ナナコには、リョーヘイが家族から心を閉ざし、酒に逃げているようにしか見えなかった。それが歯痒かった。

 

一体、いつになったら、父親らしく、夫らしくなってくれるのだろうといつも思っていたのだ。

 

「……」

 

ナナコのポッカリ空いた心の中は、虚しさで一杯、容易に埋まりそうになかった。その時、アパート脇の道路にトラックが通りかかり、床が揺れた。

 

早くここから出たい、ここではないどこかへ行きたい、そして、もう一度、やり直したい、消え去りたい……そうため息をつきながら、やがてナナコは眠りに落ちていくのだった。

 

 

f:id:pamondou:20200805105855j:plain

 

 

つづく

 

 

 

※ 暑い、暑い~(*´Д`)