トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「タイム・トラブル?」7

「好きだね。単車はやっぱりカッコいいよ」

 

その調子が妙に優しかったので、俺は笑った。

 

「そうですか。どんな単車が好きなんですか?」

 

「どんなって……やっぱり男は白バイだろう?」

 

「白バイ?」

 

「ああ、俺は白バイを作ったこともあるんだぜ」

 

得意そうに言う田中さんに俺は面喰らった。

 

「作ったって……?」

 

「ああ、あれは大変だった。一ヶ月近く掛かったかな、作るのに。でも大成功だった。誰も偽物だって気づかなかったよ」

 

「――!?」

 

「あの間抜けな銀行員ども、俺が本物の白バイ警官だって、最後まで思っていたようで、ずっと地べたに伏せたままだったなあ」

 

そう言うと、田中さんは可笑しそうにクククッと笑った。

 

「こっちは発煙筒焚いただけなのによぉ。バカな奴らだぜ」

 

「――!!」

 

いつの間にかアハハと田中さんは大声で笑っていた。

 

 

f:id:pamondou:20200901110340j:plain

 

つづく