トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「あなたにあいたくて」

こんにちは。

パモン堂です。

 

ちょっと忘れていたのですが、

昔、こんな作品も出していたのです。

 

books.google.co.jp

 

インディーズ文庫さんから出していただいたのですが、

借金に苦しむ男が、自殺を図ろうとした途端、

昭和四十年代の自分の子供の頃にタイム・スリップしてしまうという

お話です。

 

この作品は、最初、シナリオで書いていて、伊参映画祭の脚本賞の最後の10本に選ばれたものでした。

 

残念ながら、賞はいただけなかったのですが、あの映画祭の夜の、伊参の星空を

今でも思い出すことがあります。

 

まだ秋なのに、寒かった~!!

 

そして、帰る時に、道が暗くて怖かった~・・・!!

 

なーんて事を思い出します。

 

運よく、駅まで、親切な方に拾っていただいて、乗せてもらったのですが、

あれがなければ、帰れなかったなぁ~・・・。

 

 

懐かしい思い出です。

 

それを小説に書き直して、インディーズ文庫さんに、

面白いと言っていただいて、

電子書籍で出版していただいたものです。

 

よければ、読んでみてください。

 

 

 

☆それでは今日もよい一日を。