トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「タイム・トラブル?」8

俺の顔はおそらく青くなっていたに違いない。

 

頭の中には、最近見たテレビ番組がぐるぐる回っていた。

 

それは、今から四十四年前に起きた三億円事件を取材したものだった。

 

白バイ警官に扮した男が、まんまと大手電機メーカーのボーナス約三億円を、府中刑務所裏の通りで強奪した事件だ。

 

ま、まさか……田中さんがその犯人……?

 

俺は震える声で平然を装って聞いてみた。

 

「田中さん、今おいくつですか?」

 

「俺か? 俺は今、43歳。やっていた工場が借金の形に取られちまってよぉー。この寒空、行くところもねぇんだ」

 

「そうですか……。ところで、今日は、何日ですか?」

 

「今日? お前、今日と言ったら、1968年12月10日じゃねぇかよッ!」

 

 田中さんは憮然とした表情で言った。

 

f:id:pamondou:20200902122352j:plain

 

 

つづく