トナリのサイコパス

どこにでもいるヤバイ奴。そうあなたの隣にも―。さて、今宵あなたの下へ訪れるサイコパスは―?

「ヴァイオレット・エヴァ―・ガーデン」

あんまり、アニメは観ないんですけど、

予告編みて、面白そう~と思って、観てきました。

 

『ヴァイオレット・エヴァー・ガーデン』です。

 


『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』大ヒット感謝PV

 

京都アニメーションと言えば、昨年夏のあの大惨事があり、

どうしてもそこから頭が離れなくて、ついついお目こぼしをして

しまいたくなりますが、

ここはひとつ、作品としてどうなのか?

という視点で見てみたいと思います。

 

私、最初、この女の子は、ロボットだと思ったのですが、

生身の人間なんですね。

 

前編を通して感じる事は、彼女をとりまく三人の男たち、

しかも、全員、おっさんばかり・・・が、

彼女をまるでお人形さんのように扱うことが気になりました。

 

一人の人間として見ていませんよ。

なんだか、〝可哀そうな子〟みたいに見ているんですよ。

 

それがとても気になりましたね~。

普通、そんな視線で見られると、

「バカにしているッ!」と怒るものですが、

この子は感情がないという設定なので、

彼らおっさん等の意のままに振る舞いますね。

 

中佐と呼ばれる社長は、「ヴァイオレットちゃ~ん」と

気色悪く〝ちゃん〟づけだし、

もし、彼にこの子に対する恋愛感情があるのなら、

〝ちゃん〟づけはないわ~と思ってしまいましたが・・・。

 

少佐と呼ばれる人も(そもそも論ですが、

本当に彼ら軍人?なんか甘っちょろいな)、

訳の分からん論法で、逃げまくるし・・・

 

大体、船から落ちて、岸にたどり着くのは、

あの距離じゃ無理よ!と島出身の私などは

思いましたがね。

 

絶対沈む・・・。

しかもあんな重い義手じゃ・・・。

 

なんかすべてに疑問符が付く映画でした・・・。

 

全体的に甘い感じなのは、

あれかな?第七世代と言われる現代の風潮かな?

 

昔、「ドラマとは葛藤である」、

と習ったけど、

ほぼほぼ、葛藤がないもんな?

 

皆いい人で終わっちゃう。

 

そういう私も学生時代は、「いい人しか出てこない、ドラマ書きやがって!」

と講師の先生に睨まれたものですが、

その私から見ても、これは酷い!!

 

何、生ぬるいもん書いてんだよッ!!

 

とか思っちゃたりして・・・。

 

 

まあ、いいですけどね。

優しい時代到来って感じで。

 

 

一緒に見に行った、息子が見終わった後言った言葉、

 

「あれ、源氏物語の紫の上だろう?」と。

 

あ、そっか!!

気づかなかった~。

ヴァイオレットだし・・・。

 

やられた~と思いました。

 

だとしたら、もっと疑問もたなきゃ~!!

 

源氏の紫の上は、めちゃ、葛藤ありましたよ~、

源氏に愛されて。

 

〝気持ち悪ッ!!〟と思ってましたよ、

紫の上は。

 

父親と思っていた人が、自分をそんな目で見ていたことに、

少なからず、ショックを受けていましたよ。

 

 

息子は、これを女性たちはどう見ているんだと怒っていましたが。

 

「気持ち悪い」と思わないのかと。

 

だよね~とも思いましたが、

この全体を覆う、生ぬるい感じ・・・、

つまり、人間を深く見ようとしない視点には

無理だろうとは思いましたがね。

 

これが京アニの限界か?

はたまた日本のアニメの限界か?

 

 

でも、心に響く物を作って欲しいなぁ~、

葛藤を逃げないで・・・

 

とか思ってしまいましたがね。

 

おばちゃんの老婆心ながら・・・。

 

 

 

 

☆それでは今日もよい1日を。